越谷

さきたま火祭り

行田市は埼玉県の県名のルーツになった地域と言われ、県内でも屈指の歴史を誇っています。そんな歴史を再認識するためのイベントとして実施されているのが「さきたま火祭り」です。市で行われる最大のイベントであり、貴重な観光資源ともなっています。

 

その名の通り、火を大々的に使用している点が大きな特徴。これは古事記に登場するニニギノミコトとコノハナノサクヤビメのエピソードにちなむものです。一夜の契りで子をなしたコノハナノサクヤビメにニニギノミコトは不義の疑いをかけますが、コノハナノサクヤビメは自らの潔白を証明するため、火中で出産します。このエピソードにちなんで火を使ったイベントが行われているのです。古墳時代にまで歴史がさかのぼる行田市ならではの催しといえるでしょう。

 

この祭りはゴールデンウィーク中にさきたま古墳公園の芝生広場で実施されます。日中には郷土芸能が披露されたり、フリーマーケット、物産展などが開かれますが、メインは日没後。古代の衣装を身につけた人たちがたいまつをかかげて設置した産屋を炎上させた後、丸墓山古墳と稲荷山古墳の御神火下りが実施されます。夜の闇に火が踊る様はじつに幻想的です。

 

この祭りは「21世紀に残したい・埼玉ふるさと自慢100選」にも指定されています。神話のひとコマを再現するこのイベント。幻想的な光景だけでなく、自分が神話の世界に迷い込んだかのような気分に浸ることができます。行田市の魅力を知る機会としてだけでなく、観光資源としても大きな意味を持っているといえるでしょう。


痛風とは

痛風の予防や対策についてのお役立ち情報サイト!
www.tuufuutiryou.info/