越谷

祈願

草加市の歴史は中世初期にまで遡ります。記録では北条氏が鶴岡八幡宮に戦勝祈願をした際に谷古宇郷を寄進したことが残されています。草加が本格的に歴史の舞台に登場するのは江戸時代、江戸幕府によって草加が日光街道の宿場町になったのがきっかけです。とくに有名なのが松尾芭蕉が「おくの細道」の旅において立ち寄ったこと。なお、草加市内には芭蕉の弟子だった曽良の銅像が建てられています。

 

近代に入ると1889年に町村制が施行、その際に南草加村、北草加村、谷古宇村、宿篠葉村、吉笹原村、東立野村、原島村、与左衛門新田、与惣右衛門新田、庄左衛門新田、太郎左衛門新田が合併して北足立郡草加町が誕生します。当時は北足立郡の一部だったわけです。

 

草加市の原形といえるのが1955年に草加町、谷塚町、新田村の合併によって誕生した新たな草加町です。その後同じ年には南埼玉郡川柳村を編入、規模を拡大していきます。さらに1956年には南埼玉郡の八条村のうち立野堀が編入、1957年には川口市から花栗、苗塚、北谷、原、小山の一部が川口市から分離して編入、そして1958年に市制の施行によって現在の草加市となりました。

 

このように、草加市は江戸時代から発展し続けてきた部分と、近代以降の合併によって規模を拡大させ、歴史を積み重ねてきた部分の二つの歴史があります。そのため古きよき宿場町の風情を残しつつ、近代的な発展を続けている二つの魅力を備えている特徴を備えています。埼玉県の他の地域にはない草加市ならではの特徴といえるでしょう。


千葉デリヘルスタイル

千葉風俗デリヘル情報!船橋・松戸・柏・成田など、千葉県全域の優良店を厳選紹介!
www.fuzoku-chiba49.com/